メニュー

花粉症治療と対策🌳

[2022.02.16]

 

 

みなさまこんにちは🌤

2月も中旬になり、本格的に花粉症のシーズンに突入しますね。

今回は多くの方が悩まされている花粉症の症状や治療についてお話します🌳

 

◆花粉症とは

花粉症とは、スギ・ヒノキなどの特定の植物の花粉によって起こるアレルギー疾患です。

花粉が目や鼻の粘膜に付着することで様々な症状が現れます。日本では、約8割スギ花粉症が占めています。

※春の代表的な花粉の種類と飛散時期

スギ:2~4月
ヒノキ:3~5月
シラカンバ:4~5月
ハンノキ:1~4月

 

◆症状

鼻水鼻づまり連続するくしゃみ目のかゆみ充血などです。

程度には個人差があり、鼻や目など局所症状だけでなく微熱、倦怠感など一般の風邪に近い症状がでることもあります。

目をこする人のイラスト(女性) | かわいいフリー素材集 いらすとや

 

 

◆花粉症の治療について

薬物療法が中心で、内服薬、点鼻薬、点眼薬など様々な種類があります。

最近は、眠くならない薬や一回服用すると24時間効果が持続する薬が開発されています。

医師と相談し、ご自分にあった薬を処方してもらいましょう。

また、毎年花粉症症状がでる方は、シーズン前から抗アレルギー薬を処方すること(初期療法)で症状が軽減できます。

※年々花粉症患者は増加しており、今まで花粉症といわれた経験のない方でも突然発症することがあります😫

花粉のアレルギーは、血液検査で簡単に調べられます。

当院でもアレルギー検査行っておりますのでお早めにご相談下さい!

 

◆今すぐできる!花粉症対策

最新の花粉の飛散情報をチェックする

②花粉の飛散量が多い時期や時間帯は外出を控える

→スギ花粉の場合は12時頃や17時頃が飛散のピークです

③花粉が付着しやすい素材の服は避ける

→ウール素材は避け、つるつるした素材のものを選びましょう

④こまめに掃除をする

⑤花粉を家に持ち込まない

⑥空気清浄機を稼働させる

 

花粉と戦う人のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

 

花粉症の症状は悪化すると、睡眠不足や授業や仕事への集中力低下などに繋がってしまいますよね😖

自分に合った治療をして少しでもつらい症状を防ぎましょう♥

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME